お手ごろ価格で快適に・・・リトルサーバー
お手ごろ価格で快適なレンタルサーバー
ホーム
サービス
お申し込み
よくある質問
マニュアル
お問い合わせ

10日間無料お試し

コントロールパネル

プランのご紹介
ミニプランについて
リトルプランについて
ビッグプランについて
ヘビープランについて
料金・お支払いなど

1-1.CMSについて

◆はじめに

CMSとはコンテンツ・マネジメント・システムの頭文字の略で、WEBサイトを管理・更新するシステムの事です。

本機能を用いると、特に難しい手順もなく、お手軽に各種のCMSをインストールする事が可能となります。

なお、CMSの多くはデータベースを必要としますので、予めデータベースを作成していただく必要があります。

◆インストール

チュートリアルでは、特に人気が高く、かつドキュメント類の多いWordPressを例にインストールをご説明します。

コントロールパネルの簡単インストールをクリックすると、次のような画面が出現します。

なお、この画面が出る場合はデータベースが存在しないので、データベースを作成した後に再度お試しください。

まず表示させるドメインをプルダウンメニューから選択してください。

次にテキストボックスの入力欄もインストール先のディレクトリを入力してください。同名のディレクトリが存在 する場合にはディレクトリごと削除され、再作成されますので十分にご確認の上、操作を続行してください。

プルダウンメニューからドメインを選択すると、自動的にインストール先のディレクトリも入力されますが、必要に 応じて変更する事も可能です。入力値を確認し「次ページへ進む」ボタンをクリックしてみましょう。

次は使用するデータベースとテーブル接頭辞を指定します。

データベースはCMSの種類に関わらず1つのCMSに1つのデータベースの割り当てを推奨しております。

また、CMSにより1つのデータベースに対し複数のCMSが、本機能を用いてインストールできない場合もございます。

テーブル接頭辞の初期値はランダム文字列を生成して表示されますが、特に問題なければそのままお使いください。

最終確認ページです、入力内容をご確認ください。

ご確認後、間違いなければ「インストール」ボタンをクリックしてください、インストールが開始されます。

インストールは即時終了しますので、後はお客様ご自身の環境に合わせて最終設定を行います。

下の画像を参考に、赤い枠内のURLをクリックすると新しくブラウザが開きますので最終設定を行ってください。

最終設定では下の画像を参考に記入してください。

WiodPressをはじめ、各CMSの脆弱なパスワードを狙った海外からの不正アクセスが急増しておりますので、特に複雑

で推測されにくい文字、数字、記号を組み合わせた強力なパスワードを設定する事を強く推奨します。

これでWordPressがインストールされました。

チュートリアルはこれで終了いたしますが、より詳しい設定などは書籍やWEBサイトなどをご覧ください。

なお、CMSインストールには必ずしも本機能を使用する必要はございません。知識を有するお客様はSSHによるシェルログイン後に、手動でのインストールも可能です。

1-2.表示ドメインについて

さて、ここまでの作業でインストールは完了しました。
ここからは、表示させるアドレス(URL)についてご説明します。

これまでにご説明しました手順でWordPressをインストールした場合は

http://example.com/wordpress/ のような形式のアドレスで表示されます。

ドメインのみのURL http://example.com/ でアクセスさせたい場合は、次の手順でドメイン設定を行ってください。

まず、コントロールパネルのドメイン設定をクリックしてください。

そしてアクセスさせたいドメインの右端の「変更」をクリックしてください。

ドメインのパスの入力欄が出現しますのでexample.com/wordpressと入力して送信ボタンをクリックしてください。

example.comはご自身のドメインと置き換えて入力してください)

すると下の画像の赤い枠の部分のようにパスがexample.com/wordpressに変更された事が確認できます。

これで表示ドメインの一連の作業は完了です。

http://example.com/ のようなドメインのみのアドレスで表示可能となりました。


これでCMSの項目は終了します、次の項目はプログラムです。

リトルサーバーは月額150円~でWordPressが使えるレンタルサーバーです。  お手ごろ価格で快適な、格安レンタルサーバーを目指しています。