お手ごろ価格で快適に・・・リトルサーバー
お手ごろ価格で快適なレンタルサーバー
ホーム
サービス
お申し込み
よくある質問
マニュアル
お問い合わせ

10日間無料お試し

コントロールパネル

プランのご紹介
ミニプランについて
リトルプランについて
ビッグプランについて
ヘビープランについて
料金・お支払いなど

1-1.プログラムについて

◆はじめに

このチュートリアルでは、リトルサーバーで設定可能なプログラムを、項目別に分類してご説明します。

■PHP

■Cron

■SSH


◆PHP

リトルサーバーでご利用可能なPHPは5.4、5.6、7.0ですが、変更は随時可能です。

変更する場合は、コントロールパネルのPHPバージョン切り替えをクリックすると、次のような画面が出現します。

ここではyasai.lsv.jpにおけるPHPのバージョンを、デフォルト(初期値)の5.6から7.0へ変更してみましょう。

下の画像を参考に操作してください。プルダウンメニューから7.0を選択し、決定ボタンをクリックしてください。

これでPHPのバージョンは変更されました。

下の画像をご覧ください、バージョンの表示が5.6から7.0に変わっている事が確認できます。

本機能により、yasai.lsv.jpで使用されるPHPのバージョンは7.0が適用されます。関数の変更などによる不具合や、

エラーなどに注意してください。バージョンを元に戻す場合も、同様にプルダウンメニューから5.6を選択します。

なお、使用可能な関数の確認は、お試し期間中に実際にご確認いただくかphpinfo()などでご確認ください。


◆Cron

Cronを設定する場合は、コントロールパネルのCronをクリックすると、次のような画面が出現します。

上記画像の入力値を、項目順でご説明します。

通知先アドレス 実行結果を通知するメールアドレスを指定します、通知を行わない場合は空欄のままで結構です。
登録Cron名 Cron名を指定します、覚えやすい名称で半角英数字の20文字以内で指定してください。
実行月を指定します、1~12で指定してください。
実行日を指定します、1~31で指定してください。
実行時を指定します、0~23で指定してください。
実行分を指定します、0~59で指定してください。
曜日 実行曜日を指定します、0~7で指定してください。
プログラム 実行プログラム(コマンド)を指定します、任意のコマンドを指定してください。

値はアスタリスクやスラッシュなども併用可能です。

必ず適切な値を入力してください。不適切な値を入力されますと、正常に動作いたしません。

お客様の作成されたプログラム(コマンド)はパーミッションに実行権がない場合は動作いたしません。

なお、サーバーに高い負荷を与える場合、お客様の承諾なく該当Cronを削除または制限する事がございます。

それでは実際に登録してみましょう。ここでは毎日23時59分にアクセスログを削除を行うCronを登録してみます。

次の画像を参考に、各項目を入力して送信ボタンをクリックしてください。

Cronの登録が完了しました。

これで毎日23時59分にアクセスログ(/home/tomato/log/access_log)の削除が本Cronによって実行されます。

なお、本チュートリアルではアクセスログ削除を例に取りましたが、実際にはアクセスログの削除は推奨しません。


◆SSH

SSHによるログインに必要なキーファイルを作成します。

コントロールパネルのSSH鍵作成をクリックすると、次のような画面が出現します。

鍵作成ボタンをクリックして、次のページに進んでください。なお、パスワードによるログインはできません。

すると次の画像の画面が出現します。

赤枠で示しているSSH鍵ダウンロードボタンをクリックし、キーファイル(id_rsa)をダウンロードしてください。

SSHクライアントソフトに応じて、キーファイルを読み込ませて接続してください。

全プラン共通でプロトコルはSSH2、ポート番号は43292、ホストアドレスは収容サーバーのアドレスとなります。

注意点として、何度もキーファイルをダウンロードすると、それまでのキーペアはリセットされまして、ログインが

できなくなります。キーファイルは必ず最後にダウンロードしたもの(最新のもの)を使用してください。


これでプログラムの項目は終了します、次の項目はFTPです。

リトルサーバーは月額150円~でWordPressが使えるレンタルサーバーです。  お手ごろ価格で快適な、格安レンタルサーバーを目指しています。