新着情報 ログイン

マニュアル・CMS

CMSインストール

コンパネから、各種CMSをインストールしてご利用いただけます。
本項目ではインストールから設定までをご説明いたしますが、CMSの多くはデータベースを必要としますので、予めデータベースを準備しておく必要があります。データベースが存在しなければエラーとなります。

ただしWordPressの超かんたんインストールはデータベースの事前準備がなくても自動作成されます。
超かんたんインストールにつきましては、後の項でご説明しております。


インストールするCMSを選択

コンパネにログイン後、左側メニューの簡単インストールをクリックします。

インストールが可能なCMSの一覧リストが表示されますので、対象CMSの右端にあるインストールをクリックすると、ページが移動して簡単インストールが行えます。


WordPressのインストール【1】

それでは手始めに、特に人気を博し、ドキュメント類も多いWordPressをインストールしてみましょう。
リストの一番上、WordPressの右端にあるインストールをクリックします。

WordPressのインストール【2】

表示するドメインを選択してください。

WordPressのインストール【3】

インストール先ディレクトリを指定します、本例ではwordpressというディレクトリを作成します。
指定したディレクトリが存在しない場合は作成されますが、存在する場合は一旦削除された後に再作成されますので、上書きやファイル消失にはご注意ください。

WordPressのインストール【4】

使用するデータベースと、テーブル接頭辞を指定します。
テーブル接頭辞の初期値には自動的にランダムな値が表示され、変更しなくても問題ございません。

WordPressのインストール【5】

それではインストール内容の最終確認と、表示するURLの選択をします。
これまで設定した内容に、誤りがないかもう一度見直し、問題がなければ表示URLを選択します。

本例ではドメイン名/wordpress/のディレクトリ形式のURLで表示させる方法でご説明しております。
確認後、インストールボタンをクリックすると設定した内容でインストールが開始されます。

WordPressのインストール【6】

設置はこの時点で完了しております。

本例ではドメイン名/wordpress/のディレクトリ形式のURLで表示させる方法でご説明しております。
確認後、インストールボタンをクリックすると設定した内容でインストールが開始されます。

WordPressのインストール【完了】

インストールしたURLをクリックし、WordPressにアクセスしてみましょう。
『ようこそ』のページが見れましたら各項目に必要情報を入力後、『WordPressをインストール』ボタンをクリックすると、全てのインストール作業が完了します。

ここまでの作業手順で、下記のディレクトリ配置でWordPressのインストールは終了です。
公開ディレクトリ/pubの中にインストール先ディレクトリに指定した/wordpressが確認できます。

選択した表示URLにブラウザでアクセスすると、正常にWordPressの初期ページが表示されています。


WordPress・超かんたんインストール

最短ワンクリックでインストール可能、WordPressの『超かんたんインストール』のご説明をいたします。
特長はその名のとおり最短ワンクリックで、とてもお手軽にWordPressが導入ができます。

リストの二番目、WordPressの右端にあるインストールをクリックします。

超かんたん・ワンクリックインストール

使用データベースやドメイン、その他の項目を設定する事もできますが、本例では何も入力せずにワンクリックインストールを行います。下部にある『超かんたんインストール』ボタンをクリックしてください。

注意事項としましてインストール先に/wp というディレクトリが存在する場合、内部のファイルは全て消滅し、本機能を用いて再インストールを行うと、データベースのテーブル接頭辞は全て上書きされます。

これだけの操作でWordPressがインストールできました。後はトップページの表示確認、またはログインページよりサイト構築を行ってください。『完了』ボタンをクリックする前にパスワードをお控えください。

なお、こちらで入力したメールアドレスにログイン情報などが送信されますのでご確認いただけます。