新着情報 ログイン

マニュアル・データベース

データベースについて

データベースはMySQL、またはMariaDBの5.5系~5.6系を使用しており、文字コードはUTF-8が初期値となっており、コンパネ操作ではデータベースの作成と削除、データベースパスワードの変更が行えます。

またコンパネにデータベースの操作用に、phpMyAdminをご用意しております。
※phpMyAdminはご利用前にデータベースユーザーが作成済みの必要がございます。


データベースユーザー

データベースを操作するには、データベースユーザーを作成する必要がございます。
初期ではデータベースユーザーが存在しないため、作成していきましょう。

データベースユーザー名はご登録いただいた『ユーザーID』と同じもので固定値です。
コンパネで『データベース』をクリックし、続いて『データベースユーザー作成』をクリックします。

データベースパスワードの設定ページに切り変わります。
それではデータベースパスワードを入力して『送信』ボタンをクリックしてください。

この作業は初めてデータベースを作成する場合やデータベースを全て削除した場合に必要で、一旦データベースパスワードを設定すると本作業は不要となります。また、データベースパスワードの変更は随時可能です。

データベース作成

これでデータベースユーザーは作成されました。続いてデータベースを作成しましょう。

入力欄にデータベース名を入力して『データベース作成』ボタンをクリックします。
実際のデータベース名は原則、ユーザーIDの後に入力値となりますので『tomatoDB01』です。

これでデータベース『tomatoDB01』が作成されました。
データベースは全プランでご利用可能ですが、作成できるデータベース数はプランにより変化します。

2個目以降のデータベースを作成する場合、本ページが出現しますので同様の手順で作成してください。


データベースの削除

次は作成したデータベースを削除する手順についてご説明します。

作成済データベースのリストから、削除をクリックする事でデータベースの削除は行えます。

本例では作成済データベース『tomatoDB02』を削除してみましょう、tomatoDB02のリスト右端にある『削除』リンクをクリックして、『はい』ボタンをクリックしてください。

作成済データベースの『tomatoDB02』が削除された事が確認できました。
一度削除されると復元できませんので、データベースの削除は慎重に行ってください。

なお、自動バックアップは作成済データベースもバックアップの対象になっております。

削除対象のデータベースが最後の1個の場合は、データベースユーザーごと削除されます。


phpMyAdmin

MySQLをGUIで操作できるphpMyAdminのご利用で、簡単にデータベースの操作ができます。

※ログインはデータベースユーザー作成済み、操作にはデータベース作成済みである事が必須となります。

コンパネの上部メニュー『phpMyAdmin』をクリックしてログインページに進みます。

phpMyAdminにログイン

ログインフォームに入力後、『実行』ボタンをクリックしてphpMyAdminにログインします。
なおデータベースパスワードをお忘れの場合は『パスワードの変更』ボタンで再設定してください。